Brand Design Lab

指導方針

社会人必見!1年間の社会人修士で"MOT(技術経営)"を学ぼう!

加藤雄一郎研究室で機会発見力を身につけよう!

私たち加藤研究室が掲げる研究室ミッションは
「機会発見プロフェッショナルとして産業界のブレイクスルーに貢献する」

加藤研究室は、名古屋工業大学大学院 工学研究科 産業戦略工学専攻においてマーケティングを専門とする研究室です。

マーケティングとは、いわば問題解決学です。さらにいえば、現状の問題を解決するだけにとどまらず、将来を見据えたチャンスを見出す「機会発見学」と言い換えることもできるでしょう。

加藤研究室の機会発見力は、学際的なナレッジと豊富な実務経験に裏打ちされたものです。必ずやあなたの業務課題解決のお役に立てることでしょう。

購買者の価値観多様化、見えづらい顧客ニーズ、各社の製品品質の向上、競争激化による価格競争やプロダクトライフサイクル短縮化、本格的なWeb2.0時代の到来によるコミュニケーション環境の激変など、私たちを取り巻く環境はますます複雑化しています。

不毛な消耗戦を脱却し、希望に満ち溢れた新しいフロンティアを獲得する上で、機会発見力が必要不可欠です。
私たちブランドデザインラボは、機会発見プロフェッショナルとして産業界のブレイクスルーに貢献したいと考えています。

*詳細は「研究室Vision」をご覧ください

研究室 Vision

page top

加藤雄一郎研究室に社会人修士として所属するメリット

  1. あなたの所属機関が抱える課題を本専攻に持ち込み、教官の指導を受けながら持ち込み課題を解決するという極めてユニークな研究指導スタイル
  2. 学際的なナレッジと豊富な実務経験に裏打ちされた加藤雄一郎の機会発見手法を、あなたの業務課題解決に適用して効果・効率的にソリューション立案できること
  3. 持ち込み課題の解決過程をリサーチペーパーとして完成させることをもって、修士論文に置き換えることができること
  4. 1年生大学院コースの設置により、最短1年間で修士号を取得できること
  5. 大学院在籍期間中、夜間や土曜日に開講した講義科目が多く、日常業務に支障を来たさない配慮が施されていること
  6. 国立大学ならではのリーズナブルな学費に加え、教育訓練給付金制度を活用することができること

page top

ターゲットイメージ:加藤研究室に所属するに相応しい社会人修士イメージ

加藤研究室は2003年度から開設され、現在までに所属した社会人修士は次のとおりです。

  • NTTドコモ東海 新規事業部
  • 名古屋市立工芸高等学校 教諭
  • JSR㈱ 研究開発部門 管理職
  • 住友商事㈱ 新規事業開発部門
  • Webコミュニケーションベンチャー企業 代表取締役社長
  • 岐阜県庁 地域ブランド推進部門
  • 情報サービス会社 情報システム部門 管理職

本専攻にてMOTマーケティングを担う唯一の研究室として、現在は次の3通りのターゲット社会人修士として設定しています。

-ターゲットイメージ-

  1. 若手エンジニア
    研究開発や製品開発など技術関連部門を中心に5~10年のキャリアをもち、自社が有する要素技術をもって新市場開拓を検討しているエンジニア。
  2. 技術関連部門に所属する管理職(幹部候補者)
    研究開発や製品開発など技術関連部門を中心に15~20年のキャリアをもち、自社の技術部門全体の組織能力向上を職務として担っている管理職。
  3. 経営企画および業務推進関連部門に所属する管理職
    任意の部門で10~20年のキャリアをもち、部門横断型で社全体の組織能力向上を担っている管理職およびそれに準ずる者。

page top

大学院入試について

名古屋工業大学大学院 産業戦略工学専攻では、毎年2月と8月に社会人入試を実施します。入学試験内容は(1)英語口述試験、(2)個人面接から構成されます。後者・個人面接では、あなたの研究計画について論じていただきます。要するに、「向こう1年間で、身につけたいこと、解決したいこと」についてプレゼンテーションしていただくということです。口答試験を通じて、その研究計画内容の妥当性および研究計画内容に関するあなたの専門知識の程度を判定します。

なお、加藤研究室に限らず本専攻のほとんどすべての研究室は、事前に次年度の受け入れ構想を練るのが通常です。入学をご検討の場合は、必ず事前に指導教官に直接会って相談するようにしてください。

page top

見学・ご案内

加藤研究室はみなさまとの接点を大切にしてまいりたいと考えております。日常業務で忙しい社会人の方々が、ご入学の意思を固めて研究室を訪問することはハードルが高いことを重々承知しております。また、研究計画が固まっていない段階では研究室を訪問しづらいことも承知しております。そこで次の様々な接点を通じて、みなさまと気軽にコミュニケーションをとる機会を設けたいと考えております。

上記をご希望の方は、エントリーページから、必要内容をご入力の上、送信していただきますようお願い申し上げます。

B.D.L.エントリーフォーム
  • 研究室ゼミの見学
  • 加藤雄一郎が担当する専門科目「マーケティング特論」の見学
  • 専攻説明会のご案内
  • 本専攻の目玉授業「事例研究」の見学

上記のいずれかの接点を通じて、加藤研究室とのコミュニケーションをご希望の方がいらっしゃいましたら、エントリーページから、連絡先を入力送信していただきますようお願い申し上げます。

B.D.L.エントリーフォーム

page top